• 高卒生コース
  • 高校生コース
  • 中学生コース

コース・クラス

私立文系コース

選抜クラス[K]早慶上智大文系

ハイグレードのテキストを使用し、最難関私大突破に向けた実践力・応用力養成に努める。また出題内容・傾向を踏まえた演習授業も行う。

時間割例〈前期〉

教科・科目別週間授業時間数

昨年度主な合格大学

青山学院大(文・経済・経営)、慶應義塾大(文・法・経済・商・環境情報)、上智大(経済)、中央大(文・法・経済・商)、法政大(文・法・経済・経営・社会)、明治大(文・法・政治経済・経営・商・情報コミュニケーション)、立教大(文・法・経済・社会・コミュニケーション)、早稲田大(商・社会科学・教育・スポーツ)、同志社大(文・商・社会)、立命館大(文・法・政策科学・経済・経営・産業社会・スポーツ)、関西大(文・法・政策創造・人間健康)、関西学院大(法・総合政策・商)

慶應義塾大学(経済学部)T.U君〈高松商業高校〉 

規則正しい生活を送らせてくれる「環境」

 私は現役の時には勉強する習慣がつきませんでした。そのため、十分な勉強時間を確保できないまま入試に挑むこととなりました。結果は惨敗。1つの合格も勝ち取ることができないまま受験が終わってしまいました。
 「このままでは駄目だ。何としてでも来年は早慶に合格したい」と思い、私は高松高等予備校に入学しました。勉強習慣を付けるため、規則的な寮生活が送れるここを選びました。
 結果的に、高予備での生活はとても充実したものとなりました。志望を共にする寮の友達と、教室では切磋琢磨し、寮では語らい合う、そんな毎日を送ることができました。授業は志望校の傾向に沿った演習中心のカリキュラムで構成されており、授業中や自習中に湧き上がった疑問をすぐに質問できる場が用意されているため、勉強に最適な環境が用意されていると感じました。
 受験間近は、精神的に追い込まれていました。早慶に受からないんじゃないかと気持ちが折れかけた日が続きました。ですが、どの先生も話しかけやすく、困った時にはすぐに相談に乗ってくださいました。先生や友達の存在が心の支えになり、受験当日まで気持ちが折れることなく生活することができました。
 高予備で勉強して良かったと思うことは、規則正しい生活を送らせてくれる「環境」です。受験はいかに優れた講師がいようとも、自分で勉強しなければ合格は勝ち取れません。自分で勉強する、ということはとても難しいことです。自分で計画を立て、それをどんな日でも実行する…、それには自己管理能力が求められます。高予備では、その「環境」によって自らの志望校に合格するために必要な自己管理能力を鍛えることができました。
 今、こうして第一志望に合格し、慶應義塾大学に通えているのは、高予備での1年間があったおかげです。大学でも高予備で身に付いた規則正しい生活習慣がとても役に立っています。
 本当にありがとう、高予備!!!

一般クラス[C]私立大文系総合

学力に応じたグレード別テキストを使用して、基礎力の定着と強化に努め、志望校合格に必要な学力の養成を目指す。また授業のフォローのための添削指導等も行う。

時間割例〈前期〉

教科・科目別週間授業時間数

昨年度主な合格大学

駒澤大(法)、専修大(経済・経営・商)、京都産業大(経済・経営)、同志社大(文・文化情報・商)、立命館大(文・法・経済・経営・産業社会)、龍谷大(文・法・政策・経済・経営)、関西大(法・経済・社会)、近畿大(文芸・経済・経営)、関西学院大(法・経済・社会)、松山大(法・経済・経営)

立命館大学(産業社会学部)M.Sさん〈新居浜東高校〉

同じ目標を持った人と同じ自習室で勉強

 私は現役時代、定期試験の時だけしか勉強をしておらず、また、3年生の時には就職や専門学校進学が決まっていく友人も多く、周りに流されて全くと言っていいほど勉強をしていませんでした。いうまでもなく、センター試験や大学受験には全く対応できませんでした。しかし、大学に行きたいという気持ちは捨てることができなかったので、1年だけ本当に勉強をしてみようと思い予備校に入ることにしました。
 最初のうちは、受験に対応した勉強の仕方もわからず、また、周りに優秀な高校出身の人も多く、劣等感も感じ緊張して話をすることができませんでした。そして寮生活でも、多くの人との生活に不安な気持ちしかありませんでした。しかし、私にとって高予備で過ごした1年は人生でとても大切な1年となりました。
 私ははじめ、周りの人に比べて圧倒的に現役時代、勉強をしていないということを感じ、先生や友達に勉強法を教えてもらい徹底的に勉強をしました。高予備では苦手な科目を克服するために授業外でも、個人添削などをしてくださり1対1で指導してくださいました。  また、担任の先生は困った時や不安な時いつもサポートしてくださいました。不安だった寮の生活では、毎日23時半消灯に6時半起床という規則正しい生活を徹底することができ生活リズムを変えることができました。そうすることで受験に対応した勉強ができるようになり、意識も高まりました。
 必須自習では、同じ目標を持った人たちと同じ部屋で勉強をすることで、みんなの姿を見て自分も頑張ろうという気になりました。自由時間でもみんなで話をして休むこともありましたが、誰かが自習をしているのに刺激を受けて自分もやろうという気持ちに何度もさせられました。私は、合格の理由の1番は毎日励まし合い支え合った友人がいたからだと思います。最後まで頑張れたのは高予備、寮でお世話になった方々、友達、そして家族のおかげです。ありがとうございました。

  • 入学・入寮の手続き、入学要項はこちらから
  • 特待生試験の詳細・申込はこちらから
合格へのホットライン TEL.087-834-1015
FAX.087-863-3088 受付時間:9:00〜18:00