• 高卒生コース
  • 高校生コース
  • 中学生コース

コース・クラス

私立医進系・理工系コース

一般クラス[D]私立大医進系/私立大理工系

学力に応じたグレード別テキストを使用して、基礎力の定着と強化に努め、志望校合格に必要な学力の養成を目指す。また医進系には小論文対策のほか、個別に面接指導・添削指導も行う。

時間割例〈前期〉

教科・科目別週間授業時間数

昨年度主な合格大学

【薬学部】近畿大、神戸薬科大、福岡大
【歯学科】北海道医療大、岩手医科大、奥羽大、日本歯科大
【理工系等】青山学院大(理工)、東京農業大(農・生命科学)、日本大(工・生産工・理工)、法政大(理工)、名城大(農)、立命館大(情報理工)、大阪工業大(工)、近畿大(理工・農・生物理工)

法政大学(理工学部)U.Tくん〈観音寺第一高校〉

自分を大きく変えてくれた有意義な1年

 昨年度は、受験を甘く見ていました。私立大学は受験科目も少なく、短期間で集中的に勉強し得意科目で点数を取れば、不得意科目の英語をカバーできるだろうという甘い考えがあって、受験勉強を始めるのが遅過ぎました。そのため、受験した大学はことごとく不合格になりました。今年は、昨年度のような悔しい思いをしたくない。悩んでいる時、高予備のパンフレットにクラス担任制のもと、管理された寮生活で頑張り志望校に合格した先輩の合格体験記を読んで共感を覚え、高予備で浪人することを決めました。
 高予備での第1回のマークテストは本当に悲惨な結果でした。自分の今の成績と向き合うことで、自分の弱い部分がわかり、今までの勉強法ではダメだということに気づきました。自分一人の力でただひたすら勉強していくのではなく、些細な事でも疑問に思った事は質問することの大切さを学びました。先生方は、私のちょっとした質問でも熱心に答えてくださり、さらに、自分に合ったアドバイスや勉強法なども教えてくれました。また、自分のテストの結果が上がった時は一緒になって喜んでくれるなど、本当に頼りになる先生方でした。そのおかげで、クラスも上がり自信をつけることができました。
 私は寮に入っていたのですが、寮生活も受験にとっては、なくてはならないものだと思っています。寮の新しい友達と刺激し合って、勉強時間も伸びていきました。寮長さんや寮母さんは本当に自分のことを大切に思ってくれて、嬉しかったです。
 大学入試も現役の時に不合格となった立命館大学理工学部にも合格しました。志望していた東京の大学も無事合格することができ、本当に嬉しかったです。
 高松高等予備校の1年間は、自分を大きく変えてくれた有意義な1年だったと思います。両親や先生方、寮長や寮母さん、友達には感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございました。

  • 特待生試験の詳細・申込はこちらから
合格へのホットライン TEL.087-834-1015
FAX.087-863-3088 受付時間:9:00〜18:00